埼玉専門地域情報

動画を見て決める方法もある埼玉の風俗遊び

始めて遊ぶ風俗店を探す方法はいろいろと頭に思い浮かぶものですが、風俗情報サイトや各風俗店のホームページにアップされている動画を参考にするという手段もおすすめです。
こういった動画の閲覧は当然無料ですし、何と言っても動画を見て気に入った女性がいた場合、実際にその女性に会いに行けるという点が魅力だと言えます。
ランダムにある風俗情報サイトに載っている動画を見てみますと、内容は様々で、中にはかなり濃厚な内容になっていて、まるでアダルトDVDを見ているような錯覚におちいる動画まで存在します。
また、ライトな動画もあり、コンパニオンが顔を隠した状態でベッドに横たわり、全身をくまなくカメラが撮影して、ブラジャーの肩紐を外す仕草をした時点で画面が切り替わったりするぎりぎりの動画もあります。
いずれにせよ、動画はそれを見た男性に興奮してもらって実際に店に足を運んでもらうことが目的で作られているので、なかなかの出来栄えです。
従って店選びに迷った場合は手当たり次第に情報サイトの動画を閲覧し、その中でピンときた店や女性が見つかった場合にその店で遊ぶという決め方もおすすめです。
埼玉の風俗店はサービス満点のコンパニオンが多いと評判です。


川口の元郷氷川神社・赤山陣屋跡・鳩ヶ谷宿

川口を代表する名所・旧跡は元郷氷川神社と赤山陣屋跡、鳩ヶ谷宿です。

 

元郷氷川神社は大宮を中心に埼玉や東京に200社ほど存在する氷川神社のひとつで、元郷町にあるため他と区別するためにこの名称で呼ばれています。室町時代の後期に川口一帯を治めていた武将である平柳蔵人が大宮の武蔵国一宮氷川神社を分霊させて創建したものです。平柳家は元郷村を含む今の市内の拠点を治めており、その中心地である元郷に地域の安寧を祈願して建立しました。以来、地域の鎮守様として信仰を集めています。子孫繁栄に霊験があると言われており、しあわせの宮と称されて地域に愛されています。

 

赤山陣屋は植木の街として名高い安行の近郊の急流地帯にあった城で、関東郡代であり徳川幕府を支えた伊奈氏の居城でした。今はその跡地に本丸付近の堀の跡が復元され、また遊歩道なども整備された公園となっています。元の城は大阪城にも匹敵するスケールだったことが分かっており、当時の繁栄ぶりをうかがうことができます。 

 

鳩ヶ谷宿は旧日光御成道の宿場町であった鳩ヶ谷の旧市街地と史跡全体のことで、古い街並みと鳩ヶ谷氷川神社などが残っています。鳩ヶ谷神社は応永元年(1394年)の創建で歴史のある神社のひとつです。徳川家康の休憩地として利用されてきた歴史があり、境内には天馬宮や弁天様、戦没者慰霊碑などが祀られています。周辺には市神社や法性寺など神社仏閣が多数残っており、鳩ヶ谷の歴史を感じさせます。


川口情報

埼玉県川口市の情報。地域情報や施設案内など。
www.city.kawaguchi.lg.jp/


大宮のデリヘル嬢と楽しむバックスタイルの素股プレイ

大宮のデリヘル嬢にサービスをしてもらう場合、なるべく本番のセックスに近いものが体験出来ればさらに興奮度もアップします。
従って騎上位スタイルが中心と思われている素股プレイについても、バリエーションをつけて楽しみたいものです。
例えばバックの体位で素股プレイもしてみると非常に興奮します。
この場合、少々デリヘル嬢にとってはキツイ姿勢になりますが、普通のセックスならばバックからペニスを女性のアソコに挿入するところを、ペニスをコンパニオンの手で握ってもらうのです。
その姿勢で男性がピストン運動を始めれば疑似バックプレイが堪能出来ます。
バックから突くプレイは男性の憧れでもあります。
このプレイの最中は、女性のお尻の穴が丸見えになります。
デリヘル嬢と素股でこのプレイを楽しんでも同じく穴は丸見えになりますので、視覚的にも大変楽しめるということになります。
ちなみにデリヘル嬢に少々無理な姿勢を取らせてしまうということで、このプレイでのピストン運動はほどほどでいいと考えているお客さんも多いです。
彼らの目的は「お尻の穴」を見ることだったりもするわけです。
もちろん、恥ずかしがられますのでデリヘル嬢にはあえて自分がお尻の穴を楽しみにしていることは話しません。


本庄地域に多い金鑚神社

本庄や児玉の地域には金鑚神社が非常に多く、荒川沿いの地域との違いをはっきりと見ることができます。荒川沿いであれば氷川神社が多いのですが、児玉党の本拠地であった本庄においては金鑚神社が鎮守となるわけです。大元は神川町にある金鑚神社ですが、分社が児玉郡の地域に広く分布しています。本庄市内であれば、中山道が国道17号と交差する地点にある金鑚神社が特に有名です。本庄の金鑚神社の創建年代は極めて古く、欽明天皇の時代にまで溯ることができます。

 

武蔵七党の中で筆頭格であった児玉党が崇敬した金鑚神社は、砂鉄とも深い関係があるとされています。児玉地区には金屋という地名があり、本庄市の地形は神流川の扇状地によって形成されています。神流川では砂鉄が産出されていた歴史があるため、古代の昔に金鑚神社と深い関係があったことも推察できます。

 

金鑚神社は武蔵国の中で二宮とされ、古代から近代にかけて武士や庶民からの信仰を集めています。本庄地域にも多いことは周知の事実で、江戸時代の武将も大切に信仰しました。児玉党によって作られた伝統は、江戸時代になっても連綿と受け継がれてきました。中山道の祭礼においても、金鑚神社は特別な存在として畏敬を集めています。

 

本庄の金鑚神社の社殿は絢爛豪華で、職人の技巧の素晴らしさを鑑賞することもできます。境内には御神木となるクスノキの大木があります。金鑚神社はパワースポットでもありますから、一度でも訪れると凄さが分かります。


風俗に行くならOKと黙認する埼玉の奥さん

年齢層も様々で、20代そこそこでも奥さんが物足りなくて風俗店に通ってくる男性もいますし、50代になってもまだまだ元気で遊びに来る男性も多いです。
「風俗は浮気になるのか?」という話題が女子会などで頻繁に話されているようですが、これに関しては女性の価値観によって考え方はバラバラなのが実態です。
「旦那の性欲についていけないから適当に風俗にでも行って発散してくれた方が有難いわよ。
ただ、私にばれないように」という女性もいますし、「風俗に行っていることを知った時点で離婚よ!」という女性もいます。
しかしセックス観が合わない夫婦の場合、前者のタイプの女性も結構いるようです。
男は定期的に発散しないと溜まるものが溜まるという体質的な特徴を理解している女性ほど、風俗に関しては寛大な傾向のようです。
ただし、男性も風俗に通っていることは奥さんに感づかれたくないのが本音ですので、プレイ後にシャワーで体を洗う場合にペニスとお尻以外は石鹸なしで洗ってほしいなどとコンパニオンにお願いする例も珍しくありません。
金額的にはリーズナブルな額で遊べる店も多くなりましたので、普通のサラリーマンでも負担は少ないです。


見どころたくさんの川越観光

日本の首都である、最先端の場所東京や、リゾート遊園地のある千葉などが観光地として人気の関東エリアですが、埼玉にも魅力あふれるスポットがあります。それは、小江戸とも呼ばれる川越です。東京などからも足を運びやすいので、近年注目の観光地となっています。人気のスポットとなっている為、車で向かう場合は渋滞も予想されます。電車で行く方が、動きやすく、存分に楽しむことができます。小江戸の呼び名の通り、歴史的な建物が並ぶ蔵造りゾーンは、川越を訪れたら見逃せない見どころスポットです。シンボルの時の鐘は、1日4回鳴り響くので、その時間を覚えておくとさらに雰囲気を感じることができます。記念撮影の人気のスポットでありますので、時の鐘の前で記念に一枚写真をおさめましょう。人力車に乗りながら街の散策も人気のサービスです。もちろん、徒歩で歩きながらお土産選び、駄菓子屋も見ているだけで楽しくなりますので、散策の仕方は自由です。今では珍しくなった駄菓子屋が10件ほど並ぶ横丁は、子供も喜ぶスポットです。大人もついつい夢中になってしまうのが駄菓子です。この懐かしさや歴史的な風情のある街並みは、年配の人には感慨深く、若者には新鮮さを与えます。もちろん、近代的な文化も兼ね備えているのが、川越のもう一つの魅力です。クレアモールゾーンには、飲食店やファッションショップ、ファーストフードも並んでいますので、歴史ある文化、最新の文化どちらも満喫できるのが川越観光の魅力なのです。


埼玉風俗デリヘルスタイル

埼玉専門のデリバリーヘルス情報サイトです。最新デリヘル風俗情報をリアルタイムにお届け。
www.sai-deli.jp/


自分で遊び方を決めることが出来るデリヘルは埼玉にも店が多い

デリヘルが全国のいろんな地域で繁盛しているように、埼玉でも連日多くの男性が利用しています。
人気の一つが、自分のやりたいように遊べるという点にあります。
ここで少々思考を変えたいのは、エッチな男性が皆濃厚なサービスを望んでいるというわけではないという点です。
要するにサービスを提供する店側は「生フェラ」などのサービスまでして楽しんでもらおうとしているわけですが、中にはゴムフェラや手コキで安心して遊びたいと考えている男性もいるというわけです。
デリヘル嬢は衛生面にもきちんと気を配っていますので、生フェラを提供してもらっても性病に感染する可能性はほぼ0に近い確率でないのですが、完ぺき主義の男性は100パーセント安全なエッチな遊びがしたいわけです。
デリヘル嬢に生フェラNGでゴムフェラや手コキでのフィニッシュを頼むことはデリヘルでは出来ますし、シックスナインプレイでもペニスを舐めず、互いに手で性器を触るプレイにしてほしいといったことも頼むことが出来ます。
もちろん、これを頼んだからと言ってデリヘル嬢は嫌な顔など一切しません。
すべてお客さんの好み通りのプレイをしてくれます。
ちなみに頼んでもNGなのは、デリヘル嬢に本番を強要することくらいです。


本庄市は古代からの歴史が続く街

埼玉県の本庄市には、縄文時代、弥生時代、古墳時代などの、遺跡がある街です。
遺跡があるということは、古代から人が住んでいたことになります。
日本国内で古代から人が住み続けている土地は、それほど多くはありません。
むしろ、数えるほどしかないと言えるほど、貴重な土地です。
古代から人が住んでいた本庄市には、平安時代に児玉党の本宗家4代目庄太夫家弘が館を築きました。
そして、鎌倉時代に入ると庄氏から派生した本庄氏がこの土地に根付き、現在の名前の由来となったのです。
15世紀には、古河公方足利成氏と関東管領上杉氏一族の合戦、五十子の戦いの舞台となります。
その後、本庄氏から小笠原氏の城下町となり、武家の城下町として栄えました。
そして、江戸時代に入ると、中山道の宿場町として栄えます。
武家の町から商人の町として発展し、18世紀には各地から人やモノが多く集まるようになりました。
商人の町として発展は、明治時代に入っても変わることはありません。
日本有数の生糸や絹織物の産地として、日本の近代化を支える役割を果たしたのです。
古代から明治までこうした歴史を紡いできた本庄は、1889年に町村制が施行され、本庄町になります。
戦後の1954年には、周辺にある4つの村と合併して本庄市になり、その後児玉村の編入、児玉郡児玉町と合併し、現在の形になりました。
古代から続く長い歴史があるこの街は、これからも多くの人が住み働き、発展を続けていくでしょう。


埼玉のデリヘル嬢の特徴

私は埼玉に住んでいますが職場が東京寄りの千葉にあるので埼玉、千葉、東京のデリヘルでよく遊びます。
各々特徴があるのですが、私が遊んだ実績で行くと千葉県のデリヘル嬢は若い子が多い!18、19がしょっちゅう出てきて、女子高生のコスプレをさせたら「本物の女子高生じゃん」と言いたくなるような子がかなりいます。
そして東京のデリヘル嬢は「ホスト狂いが多い」みんながみんな「私ははまってないんだけど同じ店のOOちゃんはしょっちゅうホストに行っている」と言うのは東京デリヘル嬢あるあるかもしれません。
ちなみにその子もホストにはまっているというパターンです。
そして埼玉のデリヘル嬢について。
埼玉のデリヘル嬢は胸が大きい子が多い!ぽっちゃりデリヘル店なんかも多く、ぽっちゃり好きには天国かもしれません。
一昔前まではぽっちゃり専門の数が少なかったため希少な店と言う事で割高でした。
しかしぽっちゃりな子に人気が出たのか、ぽっちゃりの子が集まるようになったかは分かりませんが、至る所でぽっちゃり専門のデリヘル店を見る事が出来るようになり、価格も安価になりました。
そして彼女らには一般的に「痩せたら可愛い」と言う子が多く、ルックス的にはかなりいい事が多いですよ!


埼玉のデリヘル嬢がハーフで得した!

ハーフ美人と付き合ったことがある人、もしくはハーフ美人とエッチをしたことがある人はいるでしょうか。
私は先日埼玉のデリヘル店でフリーで遊んだのですが、登場してきたのがなんとハーフの子でした。
しかもかなり爆乳でルックスは上の下程度と、はっきり言ってあたり嬢です。
たまたまその子が出勤予定ではなかったためフリーにもかかわらず回すことができたとの事です(いつもは人気ですぐ埋まってしまう)ハーフの子の特徴は可愛い子が多いという事よりエッチな子が多いという点だと思います。
日本人の場合恥ずかしがったり、遠慮する傾向にあるので一回一回許可を聞いて愛撫をしたりフェラをしたりするのですが、ハーフの子はづかづかとやってきてこちらを気持ちよくさせてくれます。
焦らすというよりは、「何回かいけるでしょ!」というスタンスですかさずいかせてくれることが多いです。
まだ一度もハーフの子とエッチしたことがない人は埼玉のデリヘル店でハーフ美人とエッチをするのを体験してみるのをお勧めします。
今までやったことない濃厚なプレイができたり、ハーフの子のエロさを(全てのハーフの子がエロいという訳ではないでしょうけど)体験できるかもしれませんよ!

東松山デリヘルスタイル 埼玉デリヘルスタイル 越谷デリヘルスタイル 所沢デリヘルスタイル 本庄デリヘルスタイル 熊谷デリヘルスタイル 春日部デリヘルスタイル
埼玉デリヘルスタイル 大宮デリヘルスタイル 川口デリヘルスタイル 川越デリヘルスタイル 久喜デリヘルスタイル 鶴ヶ島デリヘルスタイル